最新モデルSJ10 PRO 購入できるサイトが登場!

日本正規品の入手は当分出来ない模様

 SJ10Proの発売開始の記事をアップしたのは2ヶ月前。その後もSJCAM JAPANからはSJ10に関するリリース記事はありません。真相は定かで無いものの、私としては『SJ10ProはSJ9Strikeの不具合を改修したモデル』との見方は以前健在です。代理店はSJ9Strikeの一部不具合を認めた上で新ファームを対応させ再販を開始しましたが、価格や購入者のレビューを見る限り満足を得られる代物では無い様に思えます。

最新モデルSJ10 PRO販売開始。お値段は、 TinRoofHP.
SJCAM.COMにてSJ10販売開始! SJCAMの最新モデル SJ10 PRO が発売されました。売り出しは249USDで送料無料。
SJCAMに早くも新型。SJ10の情報 TinRoofHP.
以前も書きましたが、私の用途と予算を鑑みると SJ9 Strike は都合の良さそうなアクションカメラです。この手のツールは GoPro が鉄板ですが、


 SJCAMはSJ9以降、販路が少ないのは気のせいでしょうか。傑作機SJ4000で多くの偽物が出回ったのが原因でしょう。発表当初はメーカー直轄のSJCAM.COM と 中国のAliExpress の2カ所で販売されましたが、前者は日本への販売を断る可能性があり後者は決済など情報管理に不安を残います。出来れば台湾・アメリカ・ヨーロッパ辺りのECサイトを活用したいと思ってしまうのは私だけでしょうか? スペインのtradeINN辺りで買えたら嬉しいのですが、今日時点で取り扱っている形跡はありません。

余談ですが、SJ10Proの定価は249ドルですが、AliExpressでは50,276円の49%OFFとの大幅な値引きを装った表示をしています。その他にも気になる点が複数存在しており、細かな不振の積み重ねも有って個人的にはAliExpressで買いたいと思う事ができません。

EXPANSYSで取扱い開始!本命の購入先が登場です

 海外通販サイトEXPANSYSにSJ10Proの商品登録を見つけたのは7月に入ってからです。このサイトはイギリスに本社を持ち日本語に対応したECサイト。日本向けの出荷は香港オフィスが担当しています。Xperia Z Ultra・Xperia C3・Zenfone3と購入してきましたが、今の所大きなトラブルに見舞われる事無く済んでいます。カード決済・PayPal・銀行振込・着払い と決済方法が豊富な点も特徴。今後サイト運営がどう変わっていくのかは分かりませんが、重要情報を与えない方法なら問題ないのでは無いかと思います。

価格は商品 27,175円 / 消費税2,717円 / 送料1,400円で合計31,300円となる模様。配送業者はヤマト運輸なため、代引きや追跡のサービスも受けられますし雑に扱われる事は少なめです。初期不良や故障などが発生すると少しややこしいですが、話を聞く限りでは希な様子。ただし平行輸入品となるため、国内代理店でサービスが受けられず修理に出す際はかなり面倒くさい思いをする様です。

いつ頃になったら買いなのか

 SJ10Proは初期トラブルなどの記事がほぼほぼ見当たりません。だたし性能が良い訳ではなく、レビューが少ないためです。特に日本語のレビューが皆無。この手のガジェットの初期型にはトラブルが付きものです。安心して購入するためには、もう少しレビューが出そろってからになると思われます。せめて前作で問題になっていた“マイクのボリウム問題” “録画エラー問題”が解決しているか位は知りたいですね。SJ8Proが2万円で熟成されている事を考えると無理して3割も高い最新を買う必要は無い様に思えます。けれどデザインや機能面で魅力的なのも事実。GoPro程高くは無いですが決して安い訳でも無いため、試してみるには少し勇気が必要です。


関連記事

EXPANSYSのSJ10Proがお買い得価格に! TinRoofHP.
2万円+送料&TAXなら買える! アフィ等をしてる訳じゃ無いのでメーカーやショップをヨイショする必要も無いのですが、需要が高まれば供給が安定して買いやすくなる