年内最後の芦ノ湖釣行

今年はかなり厳しい状況です

 先週末偵察に出掛けた際も思ったのですが、今年の芦ノ湖は暖かい様です。12月1週目で水温は明け方やっと一桁、日中は13~15℃との事。安定して水温が下がらないため、ワカサギの棚も明け方こそ8mですが日中は15m以下なんだとか。ワカサギを餌にしているニジマスも当然深いところを泳いでいる様で、湖面付近で姿や気配を見る事は出来ないとの事。それでも禁漁期間は着々と迫って来るので、玉砕確定の釣行です。

岸から深場を狙える三ツ石からスタート

 『ボートからならワンチャン』との情報でしたが、岸から釣る事にしました。ボート代が惜しかった訳なんですが、それと同じくらい自然の中で竿を振るのが好きだから仕方ないですね。日本に多く存在する他の釣り場と違い、芦ノ湖の岸には浜辺も岩場も存在しています。ポイントまでのアクセスも整備されている恵まれた環境ですから、満喫しないのは勿体ない。深場を攻めるべく、スタートは三ツ石から。スプーンを遠投して、水深9mの湖底付近をスローペースで探っていきます。怖いくらいの静けさの中で2時間程粘りますが、反応が無いためお昼休憩を挟んで移動しました。

 水の中の方が余程暖かく、風は無いのに岸に上がった方が寒くて消耗する様な気分になります。普段は手間の掛からないおにぎりやパンで済ますのですが、今日は流石に温かい汁物。数百円のカップ麺も自然の中で食べると、妙に美味しい様な気がするのは何とも不思議ですね。

夕まずめは白浜で

 かなり長めの休憩を入れてから白浜へ移動です。平日と言う事もあり、広い砂浜を独占する事が出来ました。今年購入したウェーダーのテストも兼ねていたので、水漏れや深さによっての足の締め付け具合なんかを見るにはピッタリの釣り場です。昨年は岸際に依った魚を見る事が出来た流れ込みは、魚影は皆無。時折水面を揺らすのは、もっぱら野鳥と鯉だけでした。12月だと言うのに水面にコイとは・・・。静まりかえった浜辺で日没までキャストを繰り返しますが、何の反応も得られずストップフィッシング。時刻は16時半でしたが、あと10分と経たずに真っ暗になりそうだったため釣り場を後にしました。次回は来年3月です。それまではインドアで整備清掃と反省会です。