今年は秋の訪れが遅いようで

バイク釣りリングの下見に箱根へ出掛ける

 先の台風で遊歩道や林道に大きな被害を出した芦ノ湖ですが、早くも復旧作業が進んでいます。釣り竿を持って出掛ける前に下見に行ってきましたが、白浜に続く県道は終点まで開通済みでした。崩れた山肌には早くも植林がされていて、箱根町の頑張りがうかがえます。車で入れる範囲は早々に作業を行ったのでしょう。ありがたい事です。

箱根 – 湖尻の遊歩道は流石に手付かず

 湖西側の遊歩道は旧街道の雰囲気と自然を満喫できる細い荒れ道ですが、現在は道なき道と化している様子。ハイカーの話では 百貫ノ鼻 辺りまでは道があるそうですが、そこより先はかなり険しいとの事。釣りをするには問題ないですが、山歩きが好きな人達には残念な状況ですね。また、足下ばかり見ていると不意の落石に合いそうな気がします。山肌緩そうで少し怖い雰囲気がしました。

季節の訪れもいつもと違う感じ

 この時期には等に木の葉は落ちて、気温も水温も低くなっている頃でしょうが今年は少し様子が違うようです。暖かい日が続き11月中頃で水温は18℃、月末の今日でも13℃と高めです。急に寒くなったせいか紅葉は色付く前に枯れ落ち、羽虫は少なく、動物の足跡は釣り人が多く訪れる湖畔まで続いていました。水質も濁り気味でいつもと様子が違い過ぎて戸惑います。釣り人曰く『全く魚の気配を感じない』そうで、湖岸に依るまではもう少し時間が掛かりそう。

年内の遊漁期間は残り14日

 芦ノ湖の遊漁期間は12月14日までです。残すところ半月ですが、それまでにコンディションが回復するでしょうか?今年は思う様に釣りに出掛けられなかったので、出来れば芦ノ湖で気持ちよく締めくくりたいと思っていましたが難しい模様。思い返せば、今年は1匹も釣ってない気がします。年末に管釣りに出掛けるでも良いのですが、願わくばネーティブトラウトの姿を見て終了したい物です。