今春最初で最後の東古谷湖

3年ぶりに春の東古谷湖に出掛けてきました。それが25日の話。3年前は3月の釣行で、大地震の直後でした。えらく寒くて風が強く、2回行きましたが全然ダメでした。その事を踏まえて、今回は4月後半に出掛けた訳ですが連日5月並の陽気でこれまた全然釣果が得られず終了。まさかのノーフィッシュとなりました。

  偉い落ち込み様で帰宅したんですが、その後スマホを現地に忘れてきた事に
気がつき、翌々日の28日に再び松川湖へ行く羽目に。リベンジとばかりに遊んできましたが、8時間粘ってヒットは3回。内訳は24cmのニジでは無さそうなマス1本、ボート際でバラシの28cmクラス ニジマス1本、20m先でアゴが切れてしまう位の大ジャンプをして逃げた30cmオーバー1本です。

連日太陽が強かったので、黒かグリーンの大型スプーンを使っていましたが、小型の放流魚が多かった様で食いが浅くなかなか厳しい状況だったようです。5g以下のシルバーに切り替えると少し良くなるものの、バラシが多く散々な結果。箱根も同じですが、桜の時期に比べ雪の時期の方がずっと釣りやすい気がします。天候や水温の変化も含めて読みやすいんですよね。

レイクフィールドの釣りはコレで終了。次は秋口で10月過ぎでしょうか。
それまではミノーを作りながら、管釣りで調整していきます。