スモーキーな1年に幸 多かれ。

 毎年年末になると来年のウィスキーを選んで買っておき、年明けから12ヶ月掛けて少しづつ減らしていきます。昨年はシーバスリーガル – 12、今年はボウモア スモールパッチでした。ソーダ割りが似合うウィスキーが続いたので、来年用は思いっきり個性的な1本を選んでみました。

Ardbeq TEN 1000mlボトル _01

 シングルモルトウィスキーの中でも特に癖の強いアイラウィスキー、アードベック。スモーキーで力強い味わいは日本のウィスキーには無い荒々しいもの。独特の香りと味で、誰にでもオススメ出来る感じではありません。しかし好きになってしまうと、他のウィッスキーでは物足りなくなります。個性の強さは味に留まらずパッケージにも。上質な紙・エンボス印刷・箔押し・両面印刷仕上げ・特色使い・マット&光沢の刷り上がり・威圧感さえ感じるデザインです。今回はタップリと楽しむべく1000mlの大瓶を買ってみました。テイスティンググラスで加水をしながらジックリと楽しんでいく予定です。

Ardbeq TEN 1000mlボトル _02

 毎晩飲んでいないと落ち着かないような年もあるのですが、今年は飲む日数も量も少ないのに、気持ち良く飲める機会が多い年でした。好きな銘柄で、美味しく感じるだけの量を、気持ち良く飲める事は本当に幸福です。故に今年は良い年だったなと思える訳です。 来年も、どうか良い呑み始めを迎えられますように。