SJCAMに早くも新型。SJ10の情報

早々に売り切れになった SJ9 Strike

 以前も書きましたが、私の用途と予算を鑑みると SJ9 Strike は都合の良さそうなアクションカメラです。この手のツールは GoPro が鉄板ですが、壊すかもしれないカメラ機材に5万も6万も予算を割く事が出来ません。 SJ9 Strike の発売当初価格は3万円程、待ってれば2万円台前半になるでしょうから画質と価格のバランスを考えると最もコスパの高いカメラなんだと思います。値崩れを待っていた訳じゃ無いですが、価格を確認しながら傍観してたらいつの間にか売り切れ状態。その後在庫を見かける事が無くなったので妙に思っていたら、今月に入って海外サイトで新型の情報を発見を発見しました。早くも新型 SJ10 PRO が発売されます。

詳細情報が出てきません

 海外では早くもレビューが上がり始めていますが、日本国内ではこの情報に食いついている人が居ません。元々 GoPro8 や Osmo Action に比べれば知名度は低めでしたが、外見も性能も悪くないだけに不思議です。価格は3万円台を期待しています。 SJ9 Strike が250ドルでしたから、それより下がる事は無いでしょうね。大まかなスペックは下記の通り。

SJ10 Pro ActionSJ9 Strike
サイズn/a62.5mm×41mm×28.8mm
重量126g85g
CMOS12MP 1/2.3インチ センサー
SONY IMX377
12MP 1/2.3インチ センサー
SONY IMX377
レンズn/aF2.8 170°
Video
解像度
4K – 3840×2160
 60/50/30/25/24 fps
4K Ultra – 3840×2160
 30/24 fps
2.7K – 2720×1520
 60/50/30/25/24 fps
1440p – 2560×1440
 60/50/30/25/24 fps
1080p – 1920×1080
 120/60/50/30/25/24 fps
1080p Ultra – 1920×1080
 60/30 fps
720p – 1280×720 240 fps
4K – 3840×2160
 60/50/30/25/24 fps
4K Ultra – 3840×2160
 30/24 fps
2.7K – 2720×1520
 60/50/30/25/24 fps
1440p – 2560×1440
 60/50/30/25/24 fps
1080p – 1920×1080
 120/60/50/30/25/24 fps
1080p Ultra – 1920×1080
 60/30 fps
720p – 1280×720 240 fps
Video
フォーマト
MP4 (H.264 / H.265)MP4 (H.264 / H.265)
手ぶれ補正ジャイロ無し:4K 60fps
スーパースムース:4K 30fps
6軸ジャイロスコープ
ジャイロ無し:4K 60fps
スーパースムース:4K 30fps
6軸ジャイロスコープ
ズーム8倍デジタル8倍デジタル
バッテリー1300mAh リチウムイオン
交換式電池
4K60fpsで95分
1300mAh リチウムイオン
交換式電池
4K60fpsで95分
(フロントスクリーンとWifiオフ)
ポートUSB-C
Bluetooth
Wifi
USB-C
Bluetooth
Wifi
マイクデュアルステレオマイクデュアルステレオマイク
メイン
スクリーン
2.33インチ
IPSタッチパネル
2.33インチ
IPSタッチパネル
フロント
スクリーン
なしあり(0.96インチ)
メディア最大128GB micro SD最大128GB micro SD
ワイヤレス充電なしあり
ライブ
ストリーミング
Facebook/Youtube
/Sina/Custom
Facebook/Youtube
/Sina/Custom
耐水性ケースなし 最大10m
防水ケース 最大30m
ケースなし 最大10m
防水ケース 最大30m
価格n/aSJCAM.com / 249ドル
Amazon / 29,800円

重量が大きく異なりますが、電池を含むのか除くのかなど詳細が分かりかねるので信用度が低いです。寸法は大きく変わらないと思いますが、今の所確認できるソースが見当たりません。それ以外の変更点で目に付くのは、ワイヤレス充電とフロントスクリーンの機能が削除された事。本体のみで10m防水/ケースで30m防水、ライブストリーミング対応、USB-C接続、6軸ジャイロとスーパースムーズ、 SONY の IMX377 センサーは維持されています。 SJ10 Pro は SJ9 Strike の不具合を修正した正常進化版だと予想できますね。『コレは要らないな』と思っていた機能が修正されたので個人的には歓迎です。他の競合製品に対して大きな差は無いように感じますが、1080pで240fps撮影が出来ないのは少し残念。また GoPro は4K60fpsでも手ぶれ補正が使用可能ですが SJ10 Pro は4K 30fps。ここら辺は価格による性能差だと考えれば仕方の無い部分ではないでしょうか。とは言え、どちらも致命的な性能差とは言えない物です。そこを求める人は、必要に応じて相応の対価を支払うのが良いでしょう。

SJ10 Pro は私にとってのベストカメラに違いない

 SJ9 Strike に引き続きベストカメラな存在に変わりは無さそうです。願わくば今回も定価250USDで収まってくれれば嬉しい所。それを超えてくるようだと GoPro 同様、遊び道具の枠からは外れてしまうのだと思います。 insta360 One X が4万円台前半に突入している今、同価格で170度の視野しか得られないと考えると厳しい。カメラ1台で全周がカバーできる insta360 One X は、完璧では無いでしょうが、表現や撮り逃しリスクを考えると魅力的な存在。どちらにせよ直ぐに購入できるような状態では無いので、コロナが落ち着いて詳細が判明してから改めて考えようと思います。


関連記事

EXPANSYSのSJ10Proがお買い得価格に! TinRoofHP.
2万円+送料&TAXなら買える! アフィ等をしてる訳じゃ無いのでメーカーやショップをヨイショする必要も無いのですが、需要が高まれば供給が安定して買いやすくなる
最新モデルSJ10 PRO 購入できるサイトが登場! TinRoofHP.
日本正規品の入手は当分出来ない模様 SJ10Proの発売開始の記事をアップしたのは2ヶ月前。その後もSJCAM JAPANからはSJ10に関するリリース記事はありません。
最新モデルSJ10 PRO販売開始。お値段は、 TinRoofHP.
SJCAM.COMにてSJ10販売開始! SJCAMの最新モデル SJ10 PRO が発売されました。売り出しは249USDで送料無料。