新モデル制作中

  だんだんと塗装の仕上がりが良くなりミノー作りは楽しくなってくる反面、ボディーの制作は時間の割に精度が出ず、あまり楽しい作業とは言えなくなってます。詰まる所、面倒くさいんですねw 削り込みの時間を最小限にするため、素材の厚みを減らしてみました。

  線に沿って切り抜いた後、角を落として終了。プロペラの様な形状なので、モデル”FF”(Full feathering)としました。飛行機がエンジン故障の際、空気抵抗を減らすため風に対してプロペラを垂直にする動作の名称です。本来ならフラットサイド・フローティングミノーなんですけど、色気が無いので却下です。水面に垂直に立つ姿は、なかなかキュートですよ。今週中にはリップを取り付けて、泳ぎのテストが出来るはず。来週にはストリームフィールで試験投入。 強い流れの中でも立ち上がってくれる事を願います。