紫外線ライトは自作が良いと思う

 更新が一月ほど空いてしまいました。ちょっとバタバタが始まる予定だったのですが、上手く運ばず何も出来ず過ごす羽目になってしまいました (-_-;)

 前回に引き続き自作紫外線LEDライトのお話し。波長が足りない事が後から分かりガッカリな結果だったのですが、その事に納得いかず日亜のNSPU510CSを入手して再チャレンジです。正直なところ携帯のライトや懐中電灯でも良い話なのですが、何だか荒ぶってしまいました。

 日亜のNSPU510CSの入手が若干難しいのですが、秋葉原の千石電子にて1つから購入可能だという情報を入手し店頭で購入してきました。左が紫色LEDで、右が紫外線LEDです。照度は紫色LEDの方が強く、紫外線LEDは若干弱々しさを感じてしまいます。

 とは言うものの、欲しいのは照度では無く波長です。どれ程の差が出るのか試してみました。写真は千円札の特殊塗料部分に光を当ててみた所です。
結構な差が出て驚きました。

 次の塗装用に粉末の夜光顔料も入手したので、それでも試してみました。当然ながら紫外線LEDで光を取り込んだ方が短時間で光をため込む結果です。紫色LEDは白色LEDよりは若干早い物の、極端に差が出る程ではありませんでした。しばらくの間、日没が早いのでこのライトは重宝しそうです。